絆時計の結ばれたボディー

材木の加工には、はぐ(幅が足らない材料、複数枚を繋ぐ事) 画像は、分かりづらいですがウォールナットの無垢板の はぎ材です。幅が充たさない板を繋ぎ使用する事。 そして継ぐ(長さが充たさない物を繋ぐ事) 画像の様に柱・梁等 の材を継ぎ足す事です。 材木の加工にはサイズの充たさない材を継ぎ足す事と材の強度・材料同士が補う組むが有ります。組むとは机の引き出しの様に材料は、引き出しを軽くする為に薄い材料を使い、そして丈夫にする為に薄い強度が充たない部品を組み立て(組む)る事で強度を充たす。それと薄い無垢板は反りやすいが組む事により互いの板同士が反りを抑えてくれます。材木は組む事により互いが弱い所を補います。 画像が引き出し等、箱を組み立てる時に使われる蟻組です。この組み方をする事により単独の材料では、得る事が出来なかった強度を複数の材料で得る事が出来てきます。蟻組の名称は形が蟻の頭の形に似ているところから付いたそうです。 絆時計のボディーの繋ぎ方は木工の正式な蟻組とは違いますが、込めた思いは同じで、二人が組み合い(結婚で結ばれ)一人では得られる事が出来ない強さも二人では得られる事を再認識して貰いたい思い。