Marriage anniversary(婚姻記念日)

お願いしカービングを施した三連時計の納品とマリアージュ アニバーサリのキーホルダーの打合せを兼ねて近江八幡 New oldへ行って来ました。以前、製作したシルバーとブラス 若干のデザイン変更をし近日中に販売開始、致します。結婚25周年【銀婚式】の両親へのプレゼントにシルバーのキーホルダー何かどうですか結婚記念日が結婚式の日の両親も多いと思います。婚姻記念日【marriage anniversary】けっこう入籍の日を記憶していない両親も見えるのでは、そんな親御さんにはかなりのサプライズ感 そしてNew oldでの打合せ納品が早々に済んでしまったので、以前から気になって居た大阪のSHOPに行く事にし、ナビをセットしたら約80km『行こ🎵』って感じで行って来ました。行って良かったァ。行くまで何のSHOPなのかすら分かって居なかった。服屋さんなのか服の修理屋さんなのか服のリフォーム屋さんなのか雑貨屋さんなのかとにかく色んな要素で頭テンパり行ってみたら、敢えて決める必要がナイSHOPでした。とにかくオーナーがイイ男・イイ人?う〰️ぅ⁉️両方でした。長居では無かったけどいっぱい話しが聞けた感はアリ自分が知って居た事が外側だけで本筋が分かって無かったキモを教えて貰えスゴく満足、ワザワザこのblog読んで頂いてる方には全く伝わってないからもう少し丁寧に書くとオーナーと服の修理の話し、特に東北地方で行われてきたボロ着、自分はこのボロ、服を直しながら保温性の向上ぐらいしか知って居なかったのですがココのオーナー青森出身 ボロ着に詳しく服を大切にする地方の考えで服の修理・リメイクをしているそうです。傷んだ箇所だけの修理をするとその周りに余分な負担が掛かってしまい結果、補修した周りが早く傷んでしまう事に成ります。これは自分もデニムの修理で経験し仕方がないと思い込んで居ましたが、SHOPのオーナー曰く元の生地に負担を掛けず施す修理方法が有り自分はその様な縫製で修理、リメイクをするそうです。それは東北のボロ・貴重だった布を大切にする、ところから来ている事を話して頂けました。外面しか知らなかった自分は全然理解して居なかった事を認識出来ました。大阪に行って良かったヨォ