Marriage anniversary 【婚姻記念】デザイン説明

マリアージュ アニバーサリのデザイン説明 HPやblogで説明させて貰って居るのですがデザインに関して再度説明、今まで腕時計・掛け時計に問わず記念日を表、裏へ書いたり打刻し表記する手法は多く行われて来ましたが時計の時刻 1~12時をダイレクトに使い表現する手法は存在して居ませんでした。しかし本当に今までこの手法が無かったのか確かめる為に特許を申請して確認したところ前例の無い事に確信が得られました。本題の表記方法は単純で時計業界が云うユニークダイヤルがヒントで全て同じフォントで表記せず一つの数字を誇張させ文字盤で記念の日を表現しました。例として11月22日が婚姻記念日なら11時の11の数日に22分の22の数日、それぞれを目立たせるデザインです。見た感じアンバランスですが、飽きの来ない商品です。画像は試作品です。